初心者にも育てやすいハーブまとめ『ワイルドハーブ』放置でOK!

ワイルドハーブ

ハーブっていっぱいあるけど、どのハーブが簡単で育てやすいんだろう??

という疑問をお持ちの方多いと思います。

そんな方はぜひこの記事を見て行ってください。

店舗にて14年の園芸販売歴のある筆者が、初心者の方にも育てやすいハーブをまとめました。

基本放置にも耐えやすい『ワイルドハーブに絞って紹介しております。

初めに植えてみるハーブはこの中から選べば失敗が少なくなるでしょう。

あなたもぜひ『ワイルドハーブの世界』に飛び込んでみましょう。

スポンサーリンク

初心者にも育てやすいワイルドハーブ

ローズマリー

ローズマリー 花付き
  •  植えつけ期:4~5月 9~11月
  •  種まき期:4~5月 9~10月
  •  花期:5~6月ごろ
  •  収穫:真夏と冬以外いつでも
  • シソ科
  • 常緑低木(多年草)
  • 和名 マンネンロウ
  • 草丈 30~180cm程度
  • 原産地:地中海沿岸
  • 使用部位:葉、花、茎
  • 効能:老化防止、頭痛・歯痛、せき・気管支炎、食欲増進・消化促進、利尿、生理不順、精神疲労、むかつき・車酔い、美肌・しもやけ、養毛、記憶力増進、血行促進            ※長期間の連続した飲用は避けましょう ※妊娠中や高血圧の人は使用量に注意しましょう
  • 『若返りのハーブ』と言われておりアンチエイジングに優れる
  • ローズマリーについて

ローズマリーはワイルドを代表するハーブでしょう。

強い日差しを好み、乾燥に強く水やりをあまり必要としません。地中海沿岸の原産のため荒れて乾燥した土を好みます。

そんな無骨な環境を好むローズマリーですが、効能は老化防止、精神疲労、美肌、血行促進と繊細な面も持ち合わせております。香りも爽やかでクールなナイスガイです。

使用方法もハーブティーや様々な料理に使用できます。それ以外にもポプリとして使えば虫よけ効果もあり大変優秀なハーブとなっております。

多年草低木常緑種のため、基本的には一年中収穫することが出来ます。

万能イケメンナイスガイですね!!

~ローズマリーについて詳しく知りたい方はこちら

オレガノ

オレガノ 花付き
  • 植えつけ期:4~5月 9~10月
  • 種まき期:4~5月 9~10月
  • 花期:6~7月
  • 収穫期:3~10月
  • シソ科
  • 多年草
  • 和名 ハナハッカ
  • 草丈 50~80cm程度
  • 原産地:地中海沿岸
  • 使用部位:葉、花
  • 効能:発汗、殺菌、老化防止、消化促進、鎮痛、消臭
  • 別名『幸せを呼ぶハーブ』と言われている
  • オレガノについて

葉っぱがハートのような形でかわいいです。ピンクの花も小さくてかわいいですよ。

でも、そんな見た目とは裏腹に彼はとてもワイルドな面も持ち合わせております。

ローズマリーと同じように日当たりが良く風通しも良い所で荒れた大地を好みます

別名『ワイルドマジョラム』という呼び名があり、かなりワイルドに育てても大丈夫です(笑)

こちらさんも多年草のため厳しい冬も屋外で超えてくれる可能性が高いです。収穫可能な時期も長いのも嬉しいですね。

使用方法も多岐に渡ります。ハーブティーに使用可能で、料理もイタリア、メキシコ料理など幅広く使用されています。『ブーケガルニ』にも使用することが出来ます。乾燥させてポプリやドライフラワーにすれば殺菌、消臭効果のあるインテリアに早変わりします。

見た目は可愛いがワイルドな一面も持っている二面性ワイルドイケメンですね!

~オレガノについて詳しくはこちら

タイム

タイム
  • 植えつけ期:4~6月 9~11月
  • 種まき期:4~5月 9~10月
  • 花期:5~7月
  • 収穫期:いつでもOK
  • シソ科
  • 常緑小低木(多年草)
  • 原産国 ヨーロッパ、北アフリカ、アジア
  • 和名 タチジャコソウ
  • 草丈 20~40cm
  • 使用部位 葉、花、茎
  • 効能 防腐、抗菌、鎮咳、去たん、強壮、鎮痛
  • タイムについて

タイムは強力な殺菌・防腐効果を持っています。古代エジプトではミイラの保存の際に使用したり、古代ローマでは神殿などの浄化に葉をいぶしたものを使っていたそうです。

葉っぱが小さくてかわいいですよ。

かなり多くの種類があります。一般的なのは『コモンタイム』という品種ですが、『レモンタイム』や『オレンジタイム』というものや『ココナッツタイム』といった品種もあります。←実際に名前の香りがしますよ。

いろいろな品種があり、それぞれ葉っぱや花の色や形も違うので、いろいろ育ててみるのも楽しいと思いますよ。

彼の好む環境は日当たり、乾燥、水はけが良いところです。ワイルド3人衆共通ですね!

暑さ、寒さに強く冬越しもしやすいです。多年草常緑種で収穫も基本的に年中いつでも来いです。

使用方法はハーブティーとして飲めば風邪や気管支炎などに効果が期待できます。料理にも使用でき肉や魚の臭い消しや保存力アップに重宝します。こちらも『ブーケガルニ』の定番ですね。ポプリやドライフラワーとして使用すれば、その強力な殺菌、防腐効果を存分に堪能出来ますね。

芳香もかなり強く、神聖で高貴な香りを持っています。昔のヨーロッパの教会などで防虫、殺菌効果のためや神聖なかぐわしい場所であることの演出にもタイムが使われていたそうです。勇気と品位の象徴とされており、お城に使える兵士のような、義理堅い、実直なワイルドイケメンですね。

~タイムの育て方について詳しくはこちら

まとめ

ローズマリー

今回は初心者にもオススメの『ワイルドハーブ達』を紹介させていただきました。

3人ともそれぞれに個性のあるワイルドイケメンたちでしたね!

ワイルドハーブ達はどれも日当たりと乾燥を好み、水やりも控えめで、肥料もあまり必要としないので手がかからなくて育てやすいです。庭に地植え出来ればほとんど何もしなくても育ってしまうこともあるでしょう。なんともたくましい屈強イケメン達です!

どのハーブも挿し木、株分け、根伏せで簡単に増やすことができ、キッチンハーブにしたり、寄せ植えにチャレンジしてみたりと、いろいろな楽しみ方が出来るのも魅力です。

反面、生育力や繁殖力が強すぎて、大きくなりすぎたり、広がり過ぎてしまう恐れもあります。(プランターや鉢で植えればそれ以上は大きくならないので心配な方は地植えは控えましょう)

とはいえ初めてのとっかかりのハーブとしては大変優秀ですので興味があるけど一歩が踏み出せない方は是非一度チャレンジしてみてください。

みなさん、行動あるのみです!

ハーブも人間も『ワイルド』が一番ですね!

思いやりも一緒に送れる!エシカルなギフト『Wellfirm』

コメント

タイトルとURLをコピーしました