【簡単】ローズゼラニウムの育て方 効能 挿し木 種類や使い方を解説

ローズゼラニウムハーブ

ハーブとして利用出来て、花がキレイで、香りも素敵な植物ってないかな?

という疑問をお持ちの方!

ローズゼラニウム(センテッドゼラニウム)というハーブをご存じでしょうか?

ローズゼラニウムは、葉っぱや花をハーブとして利用できます。ピンク色のキレイな花を咲かせるし、バラのような素敵な香りがします。そして、大変丈夫で育てやすく挿し木や株分けで簡単に増やせます。効能もリラックスや女性の悩み改善と重宝します。さらに、芳香成分の『シトロネラール』を蚊やハエなどの害虫が嫌がるので害虫忌避効果まであります。

そんなローズゼラニウム(センテッドゼラニウム)の育て方を園芸販売歴14年の私が分かりやすく解説させていただきます。

この記事を読めばメリットいっぱいのハーブ『ローズゼラニウム』(センテッドゼラニウム)のことが詳しく分かります。ぜひ、アナタもこの記事を読んでローズゼラニウムを育ててみましょう。

スポンサーリンク

ローズゼラニウム(センテッドゼラニウム)とは?

ローズゼラニウム
  • 植えつけ期 5~7月 9~10月
  • 花期 5~7月
  • 収穫期 葉 一年中(冬以外) 花 5~7月
  • 挿し木 5~9月
  • 学名 Pelargonium spp.
  • 科名 フクロソウ科
  • 分類 常緑小低木(多年草)
  • 別名 ニオイゼラニウム ニオイテンジクアオイ
  • 原産地 南アフリカ
  • 草丈 30~100cm
  • 使用部位 葉 花
  • 花言葉 あなたあっての幸福
  • 効能 昆虫忌避、抗うつ作用、鎮静作用(リラックス)、月経不順、月経前症候群(PMS)、更年期、肌荒れ、細胞成長促進作用、殺菌作用、利尿作用
  • 主成分(精油成分) シトロネラール ゲラニオール

ローズゼラニウム(センテッドゼラニウム)について

ローズゼラニウム

まず、『ゼラニウム』といっても多数の種類があります。ゼラニウムの中でもハーブとして利用される葉に芳香成分を持つものを『センテッドゼラニウム』と言います。花を観賞する目的のゼラニウムとはここで区別されます。そして、『センテッドゼラニウム』のなかでも代表種である『ローズゼラニウム』それ以外にレモンやアップルの香りを持つ『ゼラニウム』が存在しています。

センテッドゼラニウムはアロマオイル、化粧品や香水、食品などに使われてきました。葉っぱの形がユニークでケーキやクッキーに葉をそのまま使ったり、ジャムやコンポートでは熱いうちに葉を入れて香りづけとして使用されています。

センテッドゼラニウムの種類

ローズゼラニウム

ローズゼラニウム

バラと同じ香気成分のゲラニオールという精油成分を配合。センテッドゼラニウムの代表的な品種。よく園芸店などで『蚊除けの植物』として売られているものがこれです。

レモンゼラニウム

レモンゼラニウム

レモンの香りがする。葉がフリル状になっている。ピンク色の花が咲く。

パインゼラニウム

松(パイン)の香り。花が薄いピンク色で紫の斑が入ってる。

アップルゼラニウム

アップルゼラニウム

甘いリンゴのような香り。小さな白い花が咲く。ほふく性のため、ハンギングなどに向く。

アプリコットゼラニウム

大きく美しい赤色の花をつける。観賞用として人気がある。

ヘーゼルナッツゼラニウム

ヘーゼルナッツのような香り。薄い緑色の葉で小さくて赤い花をつける。

ジンジャーゼラニウム

ジンジャー(しょうが)のような香り。ピンク色の大きな花が咲く。背丈が大きく育つ。

シナモンゼラニウム

スパイシーなシナモンのような香り。葉っぱの形が小さい。大きいピンク色の花が咲く。

ゼラニウムの育て方

日当たり

日当たり、風通しが良い場所で育てましょう。

暑さや乾燥にも強いです。比較的丈夫なので神経質になり過ぎなくても良いでしょう。過湿は嫌います。寒さにも弱いところがあるので寒冷地での屋外の越冬は難しいでしょう。

ゼラニウムの鉢 プランター 地植え

プランター

ゼラニウムは鉢植え プランターがオススメ。

ゼラニウムは丈夫であまり場所を選ばずに育てることが出来ます。しかし、寒さには弱い面があります。冬場の露地で何も寒さ対策をしない場合には枯れてしまうでしょう。そのため、移動のしやすい鉢やプランターで栽培するのがオススメ。冬場は室内に取り込むか軒下へ移動してしっかりと寒さ対策をしてあげましょう。

~鉢 プランターについて詳しく知りたい方はこちら

ゼラニウムに適した土

ゼラニウム

ゼラニウムは水はけの良いアルカリ性の土壌を好みます。

『ハーブ専用の土』を使うのがオススメです。

『花と野菜の培養土』を使う場合には、赤玉土、もみがら、桐生砂などで水はけを良くしてあげましょう。

~園芸用の土について詳しくはこちら

ゼラニウムの水やり

水やり

土の表面が乾いたらたっぷりと水やりしましょう。地植えの場合は水やりは必要ないでしょう。

水のあげ過ぎは根腐れの原因になります。冬場は寒さを嫌うので特に水やりは控えめにしましょう。蒸れを嫌うところがあるため、早朝か夕方の水やりをこころがけましょう。水やりのときは葉っぱや花にあまり水をかけないようにしましょう。

ゼラニウムの肥料

有機肥料

元肥としてあげる場合には緩効性肥料かんこうせいひりょうをあげましょう。専用土の場合は元肥が入っている場合が多いので必要ないでしょう。

追肥は基本的にあげなくても良いでしょう。あげる場合には春先や秋ごろの成長期に緩効性肥料を少量与えるか液体肥料をラベルの表記より薄めにして水やりと一緒にあげましょう。

~肥料について詳しくはこちら

ゼラニウムの収穫 剪定

ローズゼラニウムの収穫

過湿を嫌うので葉が茂ってきたら必要な分を随時収穫しましょう。必要な葉っぱだけを切って収穫しても良いですし、茎ごと収穫しても良いです。成長が早いので短く刈り込んだ方が株を形よく仕上げることが出来るでしょう。花は必要な分を随時収穫してOK!

ゼラニウムの増やし方

ローズゼラニウムの収穫 挿し木

ゼラニウムは『挿し木』『株分け』で簡単に増やせます。

挿し木の手順

  1. 茎の先端から15~20cm程度のところをカット(緑色の若い茎がオススメ 必ず節が入るように)
  2. 下の方の水や土に入る部分の葉っぱを取り除く
  3. 茎の下側を切れ味の良いハサミでナナメにカットする
  4. 挿し木用の土(赤玉土や鹿沼土、バーミキュライトでも可)に刺して土が乾かないように日陰で管理する。こまめに水やりしましょう

※水差しの場合は土に刺さずに水に刺して、毎日水替えすればOK!

ローズゼラニウムの水差し

※挿し木をする場合は土に刺す前に『メネデール』を入れた水で水上げしてあげると発根しやすくなるでしょう。

ゼラニウムの病気 害虫

ローズゼラニウム

ゼラニウムは虫よけに使われるハーブでもあるため害虫はほとんどつきません。まれに夏場に乾燥した状態が続くとコナジラミが発生する場合があるようです。ときどき葉の裏に葉水はみず(葉っぱにまんべんなく水をかけてあげること)をしてあげて洗い流してあげましょう。

~ハーブにつきやすい害虫について詳しくはこちら

ゼラニウムの利用方法

料理 お菓子のいろどり 香りづけに

ゼラニウムのクッキー

ゼラニウムは料理、特にお菓子作りに重宝するでしょう。独特な形の葉っぱをそのまま使っても良いですし、その素敵なバラの香りを香りづけとしての使用もグッドです。花は芳香成分は無いですが『エディブルフラワー』として使用できます。ピンク色で小さくかわいい花は料理を素敵に彩ってくれること間違いなしです。

ポプリ ドライハーブとして

ローズゼラニウムの収穫

ポプリとして部屋に置いたり、ドライハーブとしてそのまま吊るすのがオススメ。リラックス効果や虫よけ効果を存分に発揮してもらいましょう。バラのいい香りが部屋中に広がって素敵な空間を演出してくれますよ。

美容 入浴剤

ゼラニウム

ストレス緩和や美肌効果 女性の悩みに効果が期待できるため、フェイシャルスチームに使用したり、入浴剤としての使用がオススメ。バラの素敵な香りもするので心身ともにリラックス出来ること間違いなしです。

まとめ

ローズゼラニウム

以上、ローズゼラニウム(センテッドゼラニウム)について解説させて頂きました。

ローズゼラニウムは大変丈夫で育てやすいです。ピンク色のキレイな花が咲き、バラのような香りがして観賞用としても大変人気があります。また、ハーブとして料理をいろどり良くしてくれるし、リラックスや女性に嬉しい成分も豊富に含んでいます。そして、そのバラのような芳香成分が蚊やハエなどの害虫除けの効果まであるのです。

ぜひ、アナタもローズゼラニウムを育ててみてこの魅力を堪能してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました