2022年夏最新版 節電【暑さ対策】ハーブで涼を感じよう

ハーブゼリーハーブ

2022年は歴代最速で梅雨明けしましたね。ものすごく暑くて気温の方も『歴代最高気温』を記録する日も近いかもしれません(^^;

そんな時にオススメの対策があります。それは『ハーブで暑さ対策』をするという方法です。

実は、ハーブには涼しさを感じさせてくれる使い方があるのです。この記事では園芸販売歴14年の私が、ハーブを使って効果的に暑さ対策をする方法をご紹介します。

ぜひ、アナタもこの記事を読んで2022年の猛暑を乗り切りましょう!

スポンサーリンク

暑さ対策に役立つハーブ4選

ハーブ

夏は疲れがたまりやすく、体調を崩しやすい季節です。夏バテや熱中症などになりやすく気をつけなければなりません。そんなときにはハーブの芳香成分が役立ちます。

ハーブのその芳香成分が直接、神経系に伝わることにより清涼感を感じたり、リラックスさせてくれたりと夏場の不調を改善する様々な効果が期待できます。

暑さ対策にオススメのハーブをご紹介します。

ミント

ミント

ミントは清涼感のある代表的なハーブです。冷却作用に加えて、軽い麻酔作用があるので日焼けや、虫刺され時にも活躍してくれます。

ミントはアイスなどのお菓子やジュースのトッピングにピッタリです。チョコミントアイスや、ケーキなんかにも欠かせませんね。

夏はミントのハーブが大活躍してくれますよ。

~ミントの育て方について詳しくはこちら

ローズマリー

ローズマリー

ローズマリーも清涼感を感じられるハーブです。スッキリとしたその香りはリフレッシュにも向いていて気分を上げてくれます。夏バテ時にオススメです。

血行促進、美肌効果、消臭や抗菌、抗ウイルス、虫よけ効果もあるので夏場に嬉しい効能が多いのもグッドです。

~ローズマリーの詳しい育て方についてはこちら

レモングラス

レモングラス

レモングラスのスッキリとしたレモンの香りは夏場に大活躍してくれます。『幸福感』を感じさせてくれるハーブと言われており、疲れやすい夏場の気分を高めてくれます。

過度の発汗や体臭予防にも使えます。筋肉のクールダウン時に効果的ですね。虫よけ、虫刺されにも効果が期待できるので、夏場のボディーローションや虫よけスプレーとしても大活躍してくれますよ。

タイム

タイム

タイムはアルコール類が主成分。清涼感があり、殺菌、抗真菌(防カビ)、抗ウイルス効果に優れています。涼しさも感じさせてくれて、防腐効果もあるので夏場に最適なハーブですね。

スッキリとした香りは気分をリフレッシュさせてくれます。集中力もアップするので、夏休みの宿題をする子供にも良いかもしれませんね。消臭や、虫よけも期待できるので夏場には欠かせないですね。

~タイムの詳しい育て方についてはこちら

涼を感じるオススメのハーブの使い方 節電にも

アイスクリームとハーブ
アイスクリームにハーブを添えて

ハーブで涼を感じる方法をご紹介します。夏場の屋外や外仕事の時はもちろん、室内でも熱中症になってしまうこともあるので、積極的にハーブを活用しましょう。

2022年は電力不足で節電対策も必要になるようです。無理をしてエアコンを切ってしまうのは熱中症の危険があるのでオススメしません。エアコンや扇風機と併用して効果的に涼しさを感じる方法を紹介しますね。

料理 デザート 飲み物に

ハーブの氷

ハーブをお菓子や飲み物に使うのがオススメです。

ハーブの有効成分が涼しさを感じさせてくれるのはもちろん、見た目もかわいくて涼し気に感じられますよ。

ハーブのゼリー

リース ポプリ サシェ 入浴剤として

ハーブのリースやポプリ、サシェを作ればお部屋や気になるところに手軽にハーブの効果を感じることが出来ます。

ハーブのサシェ

入浴剤を作るのもオススメ。フレッシュハーブをちぎって、不織布や布袋に入れてお風呂に浮かべるだけでOK!(ドライハーブでも可)清涼感があって体も涼しいですし、お風呂を良い香りが包むので心もリラックスできます。

スプレーを作る

スプレー

ハーブのスプレーを作りましょう。ハーブのスプレーは夏場に大活躍です。清涼感のあるものを使えば、体にスプレーするだけで手軽に涼しさを感じることができます。虫よけスプレーとしてや日焼けのあとの肌のお手入れにも大活躍ですね。

アロマオイル(精油 エッセンシャルオイル)

エッセンシャルオイル

手軽にハーブの効果を得るにはアロマオイルがオススメ。アロマオイルはハーブの芳香成分を凝縮したものだからです。

※アロマオイルを買う場合には(エッセンシャルオイル、精油)と表記のあるものを使いましょう。アロマオイルと表記してあるだけだと香料のみで肝心のハーブの成分が入っていない場合があります。

※エッセンシャルオイル、精油は効果が強いため、必ず一滴ずつ使用して様子を見ながら使用しましょう。肌に使用する前には、必ずパッチテストを行いましょう。

アロマオイルを使った暑さ対策の方法をご紹介します。

ハンカチやアロマストーンを使う

ハンカチやアロマストーンにアロマを垂らすだけです。お手軽にアロマを利用する方法です。私も毎朝、自分と奥さんのハンカチにその日の気分のアロマを垂らして持ち歩いています。

アロマストーンも垂らすだけでお部屋にアロマの香りを感じることが出来るので簡単でオススメです。

ディフューザーを使う

アロマとディフューザー

ディフューザーを使えば、効果的に部屋にアロマの芳香成分を拡散してくれます。夏場は湿気も気になるので水を使用するタイプのものより、アロマオイルのボトルを直接入れて拡散させるタイプのものがオススメです。

もしくは、オイルを使わずカートリッジを刺してボタンを押すだけの、かなり簡単なディフューザーもあります。

水もオイルも使わない!カートリッジ式アロマディフューザー【EasyAroma】

マスクや冷感小物に垂らす

マスク

マスクや首に巻き付ける夏用の冷感小物などにアロマを垂らす方法です。特にマスクは口の臭いなども気になると思います。そんなときにアロマのいい香りを使うことで、消臭、防臭効果も期待できます。

直接、肌に触れるため少量から試しましょう。ハーブで作ったスプレーを吹きかけたり、キャリアオイルを使って薄めたものを塗るのもオススメです。

※必ず使用前にパッチテストを行い安全を確認してから使用しましょう。

扇風機やエアコンの送風口に

扇風機

扇風機やエアコンの送風口にアロマを使う方法もあります。扇風機やエアコンを使うことで効果的に部屋にアロマの芳香成分を拡散することが出来ます。清涼感を感じるのはもちろん、アロマのいい香りが部屋に漂うのでリラックス出来ますよ。

特にエアコンはカビや臭いが気になると思います。そんなときにアロマを使えば、清涼感+いい香り+防カビが期待できるのでかなりオススメです。

まとめ

ハーブのヨーグルトアイス

以上、ハーブで暑さ対策をする方法をご紹介いたしました。

ハーブには清涼感を感じる、いろいろな方法があります。そして、その香りや芳香成分でリラックスや防カビなど夏場に有効な様々な効果をもたらしてくれます。

普段の暑さ対策に『ハーブの力』をプラスしてあげることで、より効果的に清涼感を感じることが出来るようになります。

ぜひ、アナタもハーブ、アロマを使って2022年の異常な暑さを乗り切りましょう。

水・オイル不要のカートリッジ式アロマディフューザーとは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました